妊活・子作りを始めるタイミング

世間一般では芸能人のデキ婚が報じられ、妊娠は希望すればいつでもできるものであると思いがちですが、大変個人差があるもので、いざ妊活しようと決意してから、不妊治療が必要であったと初めて分かるケースも少なくありません。
仕事優先で年齢的に見てギリギリで妊活を開始した方にとっては様々なリスクが伴うものです。
肉体的に見ると若いうちに子作りを行う方が良いというのは自明ですが、経済的な負担や女性の社会進出など外部環境の変化によって年体的に遅くなっているというのが現状です。
子供を産んだ後も、とにかく忙しい上に、動き回る子供を追いかけたり、思い荷物を持ちながらの抱っこなど、肉体的に負担がかかる時期があり、目がまわるほど忙しいのですから、活動的になれる若い頃に子供を産んだ方が良いという判断になるのは当然です。
したがって、結論は、妊活するなら早ければ早いほど良いというのが、無視できない現実です。
そのことを念頭におきながら、仕事、その他外部要因と折り合いをつけていかなければなりません。